老人ホームとは

有料料老人ホーム

有料老人ホームとは、老人福祉法第29条に規定された高齢者向けの生活施設で、常時1人以上の老人を入所させて、生活サービスを提供することを目的とした施設で老人福祉施設でないものをいいます。2006年4月の法改正により、10人以上との人員基準が撤廃された。ここでいう老人とは65歳以上の高齢者をいう。

有料老人ホームを設置しようとするものはあらかじめ都道府県知事へ事前に届け出る義務があります。
民間企業が経営しているケースが多く、料金設定も様々(数百万円~数千万円)で入居一時金を支払う(終身)利用権方式、賃貸借方式、終身建物賃貸借方式がある。介護保険の適用の有無、介護サービスの内容に応じて、「介護付き」「住宅型」「健康型」の3つのタイプの有料老人ホームに分けられる。2006年以降は、都道府県により介護保険料抑制のため、年次における新規開設数が抑制されています。

2000年の介護保険法施行以後は、日本国内には民間事業者による設立が相次ぎ、全国で2000軒以上設立されている。2000年以降に設立されたものは、主に要介護者向けの有料老人ホームである。平均的な有料老人ホームは居室数50室ほどを持ち、約18平方メートルほどのトイレ付個室が標準である。リビング・ダイニングや機械浴を含む浴室は共用となっているのが一般的です。

入居一時金、介護サービスの質等に関し、有料老人ホームに関する苦情が、国民生活センターに多く寄せられるようになった為、公正取引委員会により誇大広告に対しての行政命令(排除勧告)、クーリングオフ(90日以内の契約解除)が近年ようやく整備され始めました。

recommend

Last update:2014/11/12